LOG IN

ブラックシードオイル、色の違いって?

by Nahomi

Haya Naturalで扱うブラックシードオイルは色が黒く、においも薬草の様な香りがします。

その理由は未精製オイルだからです!

上記の写真のブラックシードオイルは精製された物です。その為色はとても薄く、においも殆どしません。

ブラックシードは現在ヨーロッパ、アメリカで大変人気がありますが、気をつけないといけないのは、未精製か精製、そして原産国です。

精製された薄い色のオイルは、薬草の様なにおいが苦手な人には扱い易いですが、栄養分は殆ど残っていないのが現状です。

オイルが苦手な方はサプリメントで補って頂く事も出来ます!

なぜ精製されると栄養分が残らないのか?それは採れたオイルに機械で回転をかけ不純物を取り除き、色をキレイにし、においも取り除きます。その際圧がかかるためオイルにどうしても熱が入ってしまいます。

見た目もキレイでにおいもしない為、大変摂取しやすいですが、その分ブラックシードに配合される良成分も一緒に除かれてしまう為、実際精製されたオイルには栄養分は殆ど残らないのです。

いくら摂取し易くても、栄養分が少ないとなると結局たくさんの量を毎日摂取しないと効果は発揮されません。

精製されたオイルは、コレステロール値を上げる原因になる調理用オイルの代わりに使うなど、他の利用法ももちろんありますので精製オイルを否定している訳ではありません。

体質改善、健康、栄養補給、肌トラブルなど身体のあらゆる問題に効果を発揮するのは未精製オイルがお勧めですが、においも色も薄い精製ブラックシードオイルはお料理に最適です!

うまく使い分ける事で、より身体の健康につながりますね🌿




Nahomi
OTHER SNAPS